ストレスフリーの生活を目指す!ワーママ試行錯誤の日々

小学生男児を持つアラフォーワーママ。仕事と子育てを両立すべく、試行錯誤の日々を綴ります☆

夏休み始まりました☆夏の学童弁当対策

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

ご無沙汰しています。

久しぶりの更新にもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございます。

 

暑い日が続き、熱中症のニュースが後を絶ちませんが、

この時期にもう一つ気を付けたいのはやはり食中毒。

 

小学校も夏休みに入り学童弁当も始まりましたので、

夏のお弁当作りで我が家が気を付けていることをまとめてみました。

 

 

1.ご飯をしっかり冷ましてからおかずを詰める

 工程の写真はありませんが、炊きたてのご飯を詰めたらおかずを入れる前に保冷剤でガンガン冷やしています。

 もちろんおかずもしっかり冷ましたものを詰めます。

 

2.ミニトマトのヘタを取る

 大量の菌が付いているヘタを付けたまま入れると、一気に増殖する可能性があるためです。

 

3.自然解凍OKの冷凍食品を1つ入れる

 私は市販のものを使っていますが、自家製冷食でもよいと思います。

 我が家のお気に入りは、冷凍大学芋。

 おやつで凍ったまま食べるのも美味しいです♡

4.抗シートを乗せる

 これは実際どれくらい効果があるのか分かりませんが(^^;

 信じて乗せています。

 

 

5.保冷バッグに保冷剤を入れる

 大きい保冷剤の方が安心ですが、なんせ重いので。

 ケーキについてくるような小さいのを1,2個。

ミニオンズに夢中の息子です。

弁当箱・箸・ふりかけと揃えていきましたが、みんな自分のお弁当に夢中で全く気付いてもらえず、ガッカリして帰ってきました(笑)

 

6.持っていくギリギリまで大きい保冷剤を乗せておく

 私は子供より1時間近く早く家を出ます。

 本当なら冷蔵庫に入れておきたいところですが、子供や夫が冷蔵庫から出して準備するとなると、恐らくバタバタになるので。

直に乗せてたら水滴でびしょびしょになりました💦

次の日からは間にタオルを挟んでします。

 

☆その他熱中症対策

今年からはスポーツドリンクの持参OKになりましたが、お水代わりにがぶ飲みしたら糖分の取り過ぎになります。

※激しいスポーツなどした後、一時的に飲むのは良いと思いますが。

学童でも熱中症を気にして暑い時には外遊びはさせません。

気にするのは学童の行き帰りですが、それも子供の足で15分程度です。

熱中症対策としてはこまめな水分補給が有効となりますので、我が家ではスポーツドリンクではなく、今まで通り麦茶にしています。

なるべく冷え冷えで保てるように、麦茶を凍らせた氷も入れています。

家族で外にお出かけするときなんかは、麦茶に加えて280mlのOS-1なんかを持ち歩こうと思います。

スポーツドリンクよりも電解質の補給がしやすく糖質も少ないですし、高熱が出た時や胃腸炎の時にも活躍するので、我が家では2,3本ストックを置くようにしています。

[rakuten:energy:10066695:detail]

 

☆昨日のお弁当☆

学童で頑張っている息子のために、なるべく好きなものを入れるようにしています♡

注)食中毒対策としては、実際はマヨネーズも避けた方が安心だと思います。