ストレスフリーの生活を目指す!ワーママ試行錯誤の日々

小学生男児を持つアラフォーワーママ。仕事と子育てを両立すべく、試行錯誤の日々を綴ります☆

薬に頼る?頼らない?☆小1の花粉症対策

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

こんにちは。

昨日の東京はめちゃくちゃ暖かくて良い天気でした☀

 

しかし2月に入って一気にくしゃみ・鼻水など花粉症の症状が出始めた、という人も多いはず。

 

私も東京に出てきて花粉症を発症しました。

かれこれ15年くらいの付き合いになるかと…。

 

そして夫も花粉症持ちです。

 

となると、もれなく息子も(泣)

 

息子はもう1歳の頃から症状が出ていました。

3月くらいから鼻づまりが酷くなり、グズグズになるのです。

 

 

この時期は睡眠も浅いので体力も食欲も落ち、体調も崩しやすくなっていました。

中耳炎にもなりやすく、外はポカポカ気持ちの良い陽気なのに、我が家にとっては全くウキウキしない季節となっていました。

 

しかし、昨年自分の花粉症の薬を処方してもらう際、お医者さんに相談したところ、

6歳からであればアレルギーの薬を処方してもらえるとのこと。

 

年齢制限はあるとはいえ、花粉症程度のアレルギーであれば処方されるのはそこまで強い薬ではないようです。

 

息子は昨年、早速飲み薬と点鼻薬を処方してもらいました。

結果、熟睡できず、昼間も体調がすぐれず物事に集中できないデメリットより、薬で症状を軽減させるメリットの方が断然大きかったです。

 

子供の通っている小学校の学校医も、薬を拒否して授業に集中できない方が子供にとっては良くない、と言っていました。

 

大人になっても何とか薬に頼らずいきたいと思うところですが、我慢し過ぎて生活が制限されても辛い日々を送るだけです。

 

依存し過ぎるのも問題ですが、薬とうまく付き合いストレスの少ない生活を送ることも必要かな、と思います。

 

小学生になってからはマスクにも慣れてきました。

インフルエンザ対策も兼ねて、我が家には子供用の使い捨てマスクも常備。

 

配膳係の息子が自分で用意できるように、薬はキッチンのカウンターに置いてあります。

 

 

広告を非表示にする