ストレスフリーの生活を目指す!ワーママ試行錯誤の日々

小学生男児を持つアラフォーワーママ。仕事と子育てを両立すべく、試行錯誤の日々を綴ります☆

脱YouTube中毒作戦!YouTubeがもたらした影響と今後☆

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

わが子は1人で黙々と色々やるタイプではありません。未だに「ママ一緒にやろー」の息子です。

 

今は少し一人でできることも増えてきましたが、幼児期は本当に私にベッタリで、加えて朝起きてくるのが5時とかだったので、私は自分の時間が作れずにストレスが溜まっていきました。

 

乳児期はおんぶしていれば何とかなりましたが、体も大きくなりジッとしていられなくなるとそれもできません。

 

そんな時、子供にYouTubeを見せることで1人で大人しくしてくれる時間が増えました。

動画を見せ続けることに抵抗はありつつも、実際助けられたのは事実です。

今思い返しても、解決策はそれしかありませんでした。

 

ただ、最初は親の指定した動画(もちろん本人が興味を持つもの)を見ていただけのものが、動画を自分で選択できるようになると問題も出てきました。

 

・気が付くと見てほしくない動画を見ている(本人は悪気なし)

 ⇒登録チャンネルだけというルールにしても、他のチャンネルもどんどん表示されてくるので、気になったらそこを見に行ってしまうんですよね…。

  時々アダルトチックなものに飛んでしまったり…。

 

・惰性で見るようになってきた

 ⇒本当に見たい動画でなく、暇だからダラダラととりあえず見続ける。

  傍から見ていてもその様子にイライラするように。

 

・学校の勉強や準備にも影響が出てきた

 ⇒少しでも時間があればYouTubeを見る。

  どんなに注意されても見続ける。

  見れないと暴れることもしばしば。

  学校のやるべきことが終わっていないのにYouTubeに走ることも増えて来ました。

 

 

さすがに危機感を覚えました。

注意されても怒られてもやめられない。

これって中毒の入り口ではないかと。

 

そして自分の都合で与えたものにも関わらず、やめさせようと怒り続けている勝手な自分からも抜け出したいとも思っていました。

 

 色々考えて、お互いストレスにならずにYouTubeから離すためには、「辞める」ではなく「YouTubeより楽しい時間を作る」というのが良いのでは、との結論に達しました。

 

ただ、1人より私と一緒に何かをしたい、という子です。

私も限られた時間でやらなければいけないことが色々あります。

 

私も手を休めずに一緒にできること。

うちでは2つに絞られました。

 

1、なぞなぞ

    →ちょうど子供がクイズ番組に興味を持ってきたところなので、提案してみるとノリノリでした♪

子供が問題を読んで一緒に考えて答える。

私も自分のことをやりながら一緒にできます。

 

 

2、お手伝い

   →私がキッチンの片付けと掃除ををしてする時に、炊飯の準備とシンクのお掃除を担当してくれるように。

 

     以前このブログの撮影に参加した時、楽しかったようで。

  

 

meisomama.hatenadiary.jp

 

 

meisomama.hatenadiary.jp

 

   最初は豪快にお米をこぼしていましたが、3日もすれば完璧にこなしてくれるようになりました!

 

お米の計量からお願いしてます。

私のお弁当、夫の夕食のあり・なしもしっかり考慮して準備してくれます。^ ^

f:id:meisomama:20170907074643j:image

 

ちなみに、作戦開始後もYouTubeを見る時間は0にはしていません。

平日は1日30分としました。

以前は、ルールを設けてもなかなか実行できなかったのですが、これも成長でしょうか。

自分で朝10分・夕方10分・夜10分と決めて見ています。

10分区切りだと2、3本くらいで終了時間となり、本人が本当に見たいものに厳選出来ているので問題ないようです。

 

何でも使い方と適量が重要ですね☆

私もネット中毒気味なので気を付けます(^_^;)

広告を非表示にする