ストレスフリーの生活を目指す!ワーママ試行錯誤の日々

小学生男児を持つアラフォーワーママ。仕事と子育てを両立すべく、試行錯誤の日々を綴ります☆

共働き必須家電 食洗機はガンガン使う!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

食洗機使用歴は約7年。

共働きの我が家にはなくてはならない家電第一位です。

 

賃貸住まいの時は据置型を設置していました。

狭いキッチンに据置型を置いたら調理スペースがなくなってしまいましたが、

それでも買ってよかったと思えるものでした。

(その時は大した料理れるような時間もなかったということもありますが…)

 

 

そんな便利家電のメリット・デメリット、我が家での使い方を紹介していきます。

 

【我が家にとっての食洗機のメリット】

 

1.時間の節約になる!

 →食器洗いなんて手でやっても15分あれば終わるでしょ、という人もいますが、分単位のスケジュールで動いているので5分でも1分でも惜しいのです。

  朝・夜の2回の使用でも30分近くの時間短縮!

 

2.洗い上がりがスッキリきれい!

 →特にカレーや納豆の時なんかは、手洗いだと何度も洗い直しが発生しますので

  絶対食洗機に限ります。

  高熱で洗ってくれるのでギトギトネバネバも取れてピッカピカに仕上がります!

  また手では洗いにくい水筒や哺乳瓶などの細長いものでも、洗い残しが発生しやすい底の方までしっかり洗ってくれます!

 

3.高温で洗い、乾燥までしてくれるので雑菌が繁殖しにくい!

 →手洗いだと手で触れる温度でしか洗えません。

 「食器拭きの時間がもったいない!」と自然乾燥していると雑菌が繁殖しやすくなります。

 その点、食洗機だと高温で洗い上げ後、直ぐに乾燥までしてくれるので気持ち的に安心です。食器拭きの時間も取られないのも嬉しいです。

 

【我が家にとっての食洗機のデメリット】

 

1.使える食器が限られる

 →食洗機対応、食洗機収納がしやすい食器を揃える必要があります。

  最近は食洗機対応の食器が増えてきましたが、数年前は結構探し回りました。

  現在も、お弁当箱などプラスチックのもの購入する時は対応か否かを確認しています。

  普段の食器は色々試した結果、Ittalaのティーマシリーズに落ち着きました。

  これはもう本当に、食洗機に入れるためにあるのではないか、というくらい

  食洗機の形状に合っています。

  流行の食器とは違って長年生産し続けているものなので、例え割れてしまっても同じものを買い足すことができるのも魅力です。

 

【正規輸入品】iittala (イッタラ) Teema (ティーマ) マグ パールグレー 0.3L 

【正規輸入品】iittala (イッタラ) Teema (ティーマ) ボウル パールグレー 15cm

 

 

2.ありません。

 →電化製品なので、家庭によっては電気代増が気になるところだと思いますが、

  我が家の家計では問題ない範囲なので、全くデメリットとは考えていません。 

 

 

容量は日本の住宅を考えると、どうしてもコンパクトにならざるを得ないかな。 

我が家も一度に大量洗い出来る大容量の海外製を考えましたが、日本メーカーシステムキッチンなのでサイズが合わないこと、メンテナンスの利便性を考えて、結局Panasonicの食洗機にしました。

 f:id:meisomama:20170815083304j:image

f:id:meisomama:20170815083234j:image

食事一回分の調理器具と食器をまとめて洗うことはできませんが、食事中と食後に分けて回せば問題ありません。

 

食事中、外出中、就寝中に洗い物をしておいてくれるなんて!健気すぎ❤︎

 

食洗機さまさまです☆